AX

カメラのライフスタイルを提供するセレクトショップon and on

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    


2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

大変申し訳ありませんが、
土日の配送やお問い合わせは
受け付けておりません

サイトでのご注文は24時間
年中無休で承っています。

ホームPXフィルム
 


フィルムの排出不良を未然に防ぐために購入後のフィルムを一度開封し、その際に添付写真のようにダークスライド上部に少しスペースをあけ、2日程度室温で保存するとフィルムの排出がスムーズに行くというテスト結果が出ました。
(自己責任で行ってください)


① 一度フィルムを開封します。
② ダークスライド上部に少しスペースをあけ、2日程度室温で保存
 
撮影後、写真をつねに17~24℃の間の室温で保って下さい。極端な寒さ(10ー以下)で放置した場合、コントラストが低く白っぽい写真になります。最も良い方法は、ジャケット等のポケットに写真を入れ、体温で暖めて下さい。
※直接肌で暖めると温度が高すぎるため、よりコントラストの強い写真に仕上がりになります。
撮影後出てきたフィルムをすぐにひっくり返すか、手またはカメラでフィルムを覆い保護して下さい。そのまま放置し光をあてすぎると、より白く、コントラストも低くなりすぎてしまいます。
 
明暗コントロールを中央の位置を50%の白、50%の黒で明暗コントロールを保ちます。明暗コントロールをホワイト側に回し過ぎると、より白っぽい写真に仕上がります。
 
 
撮影後、写真をつねに17?24℃の間の室温で保って下さい。
極端な熱さ(25℃以上)で放置した場合極端にきついコントラストで非常に暗い写真になり、やや赤く、黄ばんだ色合いに変化します。
明暗コントロールを中央の位置を50%の白、50%の黒で明暗コントロールを保ちます。明暗コントロールをブラック側に回し過ぎると、より暗い写真に仕上がります。
思い通りの写真に仕上げたい場合はISO:100のカメラ(SX-70等)でISO:100のフィルムを使用するのが最も良い方法です。ISO:600のカメラで使用すると、暗すぎる写真に仕上がります。
 
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス