ZENJIX soratama 72

ZENJIX soratama 72

販売価格: 5,994円(税込)

数量:

透明球をレンズの前に取り付けることにより、宙に浮かぶ玉に映る光景を撮影することができます。

付属品宙玉レンズ x1 , 取扱説明書
※ ご注意ください

宙玉を初めて購入する場合は、延長筒「Extension Tube 72」も一緒にご購入ください。その他にも、本製品以外にもステップアップリングや、接写リングを別途用意する必要があります。またカメラやレンズにより使えないケースもありますので、宙玉サイトで確認の上、ご購入お願いします。

  • 宙玉(そらたま)とは?

    透明な玉を使って撮影すること自体は世界中で多くの人達に楽しまれています。ただし、玉を何かの上に載せて撮影するとか、指でつまんで撮影するといった方法なので、台や指先が写ってしまうという問題があります。そこでそれらが写らず、宙に浮かんでいるように撮影できないかと考案されたのが、この宙玉です。うまく撮影するためには、ちょっとした知識が必要になりますが、ぜひ宙玉の不思議な世界をお楽しみください。

    使用方法

    ZENJIX soratama 72

    Step.1

    宙玉をご使用のレンズにフィルターのように取り付けます。

    「soratama 72」のフィルター径は72mmです。レンズとの接続にはステップアップリングを別途ご用意ください。たとえばレンズのフィルター径が52mmの場合は52mmから72mmのステップアップリングを使います。77mmの場合は77mmから72mmのステップダウンリングを使います。
    Step.2

    レンズから近い位置にある透明球にピントを合わせる必要があるので、接写リングやマクロレンズを使って接写ができるようにします。画面内での玉の大きさは延長筒(Extension tube 72)やズーミングで調整します。

    初めて購入する場合は、延長筒「Extension Tube 72」も一緒にご購入ください。5mm単位で延長筒の長さの調整が可能になります。延長筒は焦点距離や最短撮影距離の違いにより、調整が必要になります。
    宙玉に向いているのは広角レンズか標準レンズです。接写が必要なので、接写リングを別途ご用意ください。レンズに絞りがない場合は、電子接点のある接写リングをお求め下さい。マクロレンズの使用も可能ですが、望遠系のレンズだと延長筒の長さを延ばす必要があり、おすすめではありません。

    詳しいセッティングや撮影方法に関しては宙玉サイトでご確認下さい。(宙玉サイトはこちら

    作例

    ZENJIX soratama 72

    購入上の注意

    宙玉はレンズに取り付けた透明球に映る光景を撮影するシステムですので、透明球を大きく写すために接写できることが重要になります。接写ができるようにするためには以下のような方法があります。

    • マクロレンズを使う
    • カメラのマクロモードを使う
    • レンズとボディの間に接写リングを入れる

    それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分のシステムに合った方法を選びましょう。